お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

バス代の強硬値上げ

なんとまた12月からバス代が値上げ!
ここ一年以内に二回目の値上げ。
2004年10月時点で片道乗車券が1.3ポンド、260円。一日券が2.5ポンド500円でした。
一度目の値上げで片道1.4、280円、一日が2.6、520円。
そして今回の値上げで片道1.5ポンド、300円、一日2.8ポンド、560円。

一年で10パーセントの値上げ。
なんて恐ろしい国なんだ。。。。
インフレ?かというとそういうわけではないらしい。
でも実際に値上げはちゃくちゃくと行われてます。
一応理由はガソリン代の高騰らしいんだけど、それにしてもね〜〜〜。

ちなみに飛行機代も最近高いです。燃料費が別に請求されるから。

値上げに文句を言う前に、石油にかわる代替燃料の開発に力をいれるよう念力を送っておく。

しかし高いな〜。そのくせ日本から来ました、というと日本て高いでしょ、とすぐ言う。いや、あんたの国の方が物価高いから。日本のバス210円でした。電車なんて130円。

イギリスで安いのは野菜と果物。これは安い。あと医療費。まあ社会主義国ですから。でも交通費が高いのはなんとかしてほしい。交通手段がそれ以外ないのにどうしてくれよう。とりあえず大学までは毎日片道30分歩いているんだけど、夜は暗くてコワイのでバスだし、街に出るにもバスだし。ますますひきこもりになる予感。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-30 07:08 | イギリスのばか〜

L’Auberge Espagnole

文字化けしていそうですが。一年ちょっとのフラ語の成果。

Xavier a rendez-vous avec un homme dans un bureau parce qu’ il a besoin d’un certificat pour aller en Espagne pour étudier. Avant de l’obtenir finalement il a vu beaucoup de gens dans le bureau ; c’est très bureaucratique ce qui est très drôle.

Ensuite, il dit au revoir à sa petite-amie et il prend un vol pour Barcelone. Il rencontre un couple Français marié en voyage. Il reste chez eux jusqu’ à ce qu’il trouve une chambre pour lui.

Ensuite, il commence à cohabiter avec des étudiants de pays différents ; un Allemand, une Espagnole, une Anglaise et un Hollandais.

En même temps, il commence une relation avec la femme qu’il a rencontré à l’aéroport. Sa petite-amie en France le rejette.

Un frère de la fille anglaise vient rester avec elle. ll a une vue très caricaturale ; par exemple, il dit au sujet stéréo typique. Il imite une action typique d’un Allemand et dit à l’homme Allemand que les Allemands ont organisés. En sortant, il dit Heil Hitler !. Sa prétention des gens basée sur leurs nationalités est ignorante.

Juste comme dans son autre film, Chacun Cherche Son Chat, il y a des exemples de marginalités. Une lesbienne amie de Xavier en est une évident mais les étudiants en sont aussi. Ils sont jeunes, étrangers et confus. Ils ne savent pas ce que le monde s'attend à ce qu'ils fassent mais ils essayent d’être eux-mêmes.
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-29 23:37 | 映画・音楽
リオデジャネイロ舞台の映画。
スラムに住む子供から二十代くらいのギャングの話です。
冒頭のシーンから主人公の少年時代の話にさかのぼり、彼の友人や兄弟の話を映し出して最後にまた冒頭のシーンに戻ってきて、さらにその直後、という作り方になっています。

この映画は、英語字幕でみたのですが、字幕にたよるとどうもちゃんと映像をおえないので大変。とはいえ、ブラジルの言葉(ポルトガル語のブラジルなまりだったっけ?)はわからないので、結局は字幕頼みなんだけど。

映像はわりとさびた、かわいたかんじでキレイです。が、わりと暗めが多い。そのため、ちょっと登場人物がわかりにくい。みんな同じにみえちゃう。もっとも、多くが黒人なので髪型に大幅な変化がないため、違いを見分けるのが難しいのもある。
かなり残虐シーンやドラッグを扱うシーンがあるので18禁です。

そんな殺し合い、映画だからでしょ、と思うけど、実話に基づいています、といわれちゃって、本当にそんなコワイ町があるなんて、、、と思う。殺人、強姦、警察の汚職、ドラッグとか。。。。ありとあらゆる犯罪。しかも、10歳に満たない子供までそれに混じってます。

ありえない、ありえない、と思うけどそんなところもあるのかしら。

ところで、この映画の最後をみてうっかりアタックナンバーハーフを思い出しました。不謹慎かもしれないけど手法が一緒だったので。。。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-27 04:16 | つれづれ

クリスマス!

そろそろクリスマスも近いので、クリスマスツリーを買いました。
本物の木です。
プラスチックじゃない!ちゃんと木のニオイがする。
二メートル近くあります。
a0038129_1504591.jpg

シナモンをふりかけてさらにクリスマスっぽい香りの演出。
木の根もとには、空箱をラッピングした偽プレゼント。
ライトもちゃんとつけてかなり本格的。

そしてクリスマスクッキー。
アイシングをレモン味にしました。

a0038129_2395721.jpg


本当はステンドグラスクッキーを作ろうとしたら失敗した。。。。
また近いうちにチャレンジ予定。
てか、アメリカのレシピをみて作ったんだけど、計量がすべてカップ単位。バターが2/3カップってどのくらいよ、まったく。。。と、ちょっと適当に作った。砂糖の量はちなみにちゃんと減らしました。アメリカンで作るとゲロ甘になります。でも、アメリカのクリスマスの本を買ったんだけど、色使いとかはきれいで楽しい。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-26 01:48 | つれづれ

YO!すし!

ブライトンに回転寿しがオープンしたので行ってきた。
高い。。。
びっくりするくらい高い。
一皿最低でも300円ですよ。
だいたいメインは一皿600-700円。
高い!高い!
二人で35ポンド。
ひなずしの食べ放題に行きたいよママン。。。。。

味はまあ普通。てか、ね、バイトがね、日本人じゃないの。だからなんか適当。サイズがめちゃくちゃ。4等分とか6等分、目で測って切れないの。そして、メニューの写真をみながら作ってる。おいおい。

日本人経営じゃない和食が日本食の一般的なイメージの質を落としてたらやだなーと思いつつ。。。。てか日本人じゃないすしって、トイレ行った後手を洗ってない○○人とかが作ってそうだ。うへ。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-24 02:39 | イギリスのばか〜

イギリスに戻るなり

コロ助じゃないんだけど、イギリスに戻るなりイギリスのあまりのひどさにショボーン。
空港からの電車が日曜だからちゃんと走ってない!イギリスのばか!
ロンドン市内まで電車で行って、バリフリーじゃない駅構内をスーツケース(パリで買ったお菓子や乳製品、加工肉たんまりつまった重たいスーツケース)を持って歩いて、地下鉄に乗り換えて、駅員にブライトンまではどうすればいいんですかって聞いたらロンドンブリッジから電車がでているというので行ってみたらそんな電車はなかった。普段はあるみたいなんだけど、日曜にはない!なんと途中駅でバスサービスになってました。重たいのに〜〜〜また乗り換え。

そもそも飛行機がロンドンから来るやつの折り返しだったんだけど、それがおくれたので出発も一時間以上遅れて、三時にロンドン到着。その後ブライトンについたのは七時すぎ。ありえない!パリが楽しかっただけに、イギリスのこのだめっぷりが際立つ。

そして今朝、大学までの道のりのゴミの多さにもまた幻滅。ていうか、道になんでマットレスとドア落ちてるの。。。。そして、ガキの態度の悪さ。ちょっと幻滅。いや、かなり幻滅。でも好き好んでイギリスに来てます。お邪魔させていただいてます。好きなんだけど、でもこういうイギリスは嫌い。なんとかならないものか。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-20 01:26 | イギリスのばか〜

ちょっと観光

そうそう、実はなにげに何度もパリに来ているのに、凱旋門に行ったことがなかったので登ってきました。25歳以下は5ユーロ。25歳以上は8ユーロ。中を登るとすごい螺旋階段。で、上にちょこっとナポレオンに関する展示がある。
a0038129_1101393.jpg


a0038129_1103572.jpg


a0038129_111523.jpg


最後にてっぺんのところ外に出れます。ここで景色が一望できる。エッフェル塔もみえた。そういえばなにげにエッフェル塔も行ったことありません。でもあまり興味がないので多分これからも行かなそう。それより美術館とか宮殿のほうが好き。

a0038129_1113759.jpg

ルーブルは今回は外身だけ。以前に何度か中も入ったけど、フランスは美術館入場料がかかるので、今日みたいな丸一日もあいていない日はもったいないのでパス。もっと時間があるときに入らないと、と思っちゃう貧乏性。

お昼は鴨肉食べました。おいしい!何を食べてもおいしいパリ。
その後地元の本屋さんに連れて行ってもらって、絵本を買いました。
a0038129_1153091.jpg

よ〜しパパフランス語がんばっちゃうぞー。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-19 01:07 | 旅行

パリに行ってきた。

18日朝一のフライトなので、なんと二時半に家をでる。フラットメイトのM君が車でルートン空港まで連れて行ってくれるのですが、彼はなんと直前に何やら4時間ほど運転してきたばかり。疲れて居眠りしないか心配でした。
とりあえず無事空港着いたのでよかった。。。。。
今回初easyjetです。昔イギリスからギリシャに行った時はチャーター便ですごくびっくりした覚えがあったんだけど、それがあったので今回は驚きませんでした。つめつめの飛行機に、ドリンクもサンドイッチもないの。ちなみにBAなどでフランスに行くとちゃんと軽食とドリンクサービスあります。しかもちゃんとしたターミナルに到着します。が、easyjet安いので、ターミナルもしょぼ!なんとターミナル3といって誰も使ってないターミナルに到着。そこから歩いて300メートルしたバス停でターミナル2行きのバスに乗って、ターミナル2でパリ市内行きのバスに乗りました。実は今回はお友達のご両親の家にお邪魔します。フランス人の奥さまと日本人の旦那さまプラス犬。わんちゃんがかわいい!
a0038129_0575028.jpg

ちょっとちょっと、パリの真ん中(シャンゼリゼ通りの真裏)を私わんちゃんつれて歩いちゃった!いやんばかん、ちょっとパリジェンヌ?みたいな。

てか、到着したこの日は異様に疲れていたけど、ハイテンションのまま例のfnacシャンゼリゼ店に行ってみたものの、本がなかったので先日みた映画のサントラを購入。

そのあと、三年ぶりのクレージュ本店に行ってきました!ギャース!かわいい!クレージュ!全部欲しい!けどお金ありませんから。。。。でも、一個だけ購入してしまいました。かわいいショルダーバッグ。クレージュはやっぱり大好き。感激。

シャネルは今回は行きませんでした。だって、行ったら欲しくなる。けど、私は学生。というわけでがまんがまん。今回のパリは、パリで会話する!というのが目的だった訳だし。

というわけでがんばってお店ではフラ語しゃべってみました。一応お店会話はできるけど、でもやっぱりそれ以上はまだまだだわん。がんばらねば。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-18 00:46 | 旅行

コーラス Les Choristes 2004


コーラス、Les Choristes という映画を見た。フラ語の授業の一貫だったのでなんと字幕なし。さっぱりわかんなかった!おおまかなストーリーはわかったけど、細かいところはさっぱり。最初のお葬式とか子供たちが荒れまくってる理由とか。今あらすじを読んでみてやっとわかりました。

私はイギリスの全寮制(一部通いの地元の子もいたみたいだけど)の学校に二年ばかし入ってましたが、そこではさすがに女子校ということもあって暴力事件などはありませんでした。が、この映画の学校は暴力、いじめ、いたずらなどがはんぱじゃない。男の子だとそうなるんだろうか、と思ってたけど、もともと問題児の集まった学校なら納得。子供たちは実はいろいろ問題児だったり孤児だったりなのでした。全寮制の男子校というと日本の一部ではいらぬ盛り上がりをみせそうですが、残念。美少年はいません。

そこへ音楽を通じて理解し合おうとするんだけど、、、というかんじのストーリーです。なかなか歌がよかったのでサントラ欲しくなりました。合唱曲というのはけっこういいね。実は今週末パリへ勉強ツアーに行ってきます。もちろんfnacにもいく予定。ここではDVDとか本とかカセットブックみたいのとかいろいろフラ語のお勉強グッズを購入予定。楽しみです。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-15 18:42 | 映画・音楽
結局DVDを買ってもらっちゃった。
やっぱりおもしろい。スポンジボブ。
かなりシュールです。普通のテレビ版のも15分一話完結なんだけど、これもシュール。
けどこの映画はグレードアップ。

スポンジボブは海のスポンジなんだけど、普通に台所スポンジのように四角いです。ペットはかたつむりのようなGary。鳴き声はmeow。かなりかわいい。お友達のパトリックはヒトデです。かなりアホというかおつむが弱いかんじ。しかもピンクのデブなので典型的米人みたいなイメージが。。。お隣さんはてっきりイカだと思ってたらエキストラみてたらどうもタコらしい?!クラスティークラブのバーガー屋さんでスポンジボブと一緒にバイトしてます。

海の生き物たちのアニメなんだけど、スポンジボブ、けっこう純粋で、けなげだったりしてなかなかかわいいやつです。そのかわり、最初は声が鼻につくやなやつだというイメージがあったんだけど、、、でも実はかわいい素直な子供でした。

で、何がシュールって、途中で実写シーンが入るところとかがシュールです。演出がかなりきいてます。スポンジボブ、三年、四年ほど前に姉がアメリカに行ってきてDVDを買ってきてそのとき初めて見たんだけど、それ以来かなり好きです。日本でもグッズは手に入るみたいだけど、ぜひ映像をみてもらいたい。Nickelodeon系列です。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-11-15 07:35 | 映画・音楽