お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー

<   2005年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

銀行振込の件

イギリスの銀行にまつわるいやーな話はたくさんあるけれど、さらに最凶伝説がまた新たに作られた。。。。

大学の学費の支払いをするにあたって、どうにも額が大きいのでゲンナマはやだし、チェック切るにもアレかな、と思って(そもそも8400ポンドもチェックを大学が受け付けてないようだし)銀行に振込の依頼に行ってきました。てか、オンラインバンキング登録しているのでできそうなものなんだけどできないのよね。

で、出向いてみると、身分証が必要とのこと。学生証ではだめ、パスポートをもってこい、と。まあここまでは許そう。ちゃんと身分の確認するなんてえらいわ。日本の銀行なんて偽印鑑でおろさせちゃってけっこう問題になってるし、と思ってたら、なんと銀行間の送金、手数料が五千円!!!!!五千円?!ハァ?海外送金じゃなくって、同じイギリス国内の銀行なんですが、、、

けどそれしかないらしい。銀行員いわく、もし手数料がいやだったら、現金をおろして、その足で50メートルほど先にある大学の指定銀行の支店へ直接持っていけば処理向こうでしてくれるわよ、とのことでしたが、何せそんなに治安がいいわけでもないような道を160万円もって歩く度胸はないので5000円分の手数料払いましたとも。さて家に帰って我に返ってがくぜん。そういえば今日の振込のレシートをもらってないよママン。。。。一瞬血の気がひきました。でも後日(今日)オンラインで調べてみたら一応相手先へ送金の記録があったので安心しました。

イギリスの銀行はこのほか普通に間違えてアテクシの新しいカード日本に送っちゃいました、とか、しょうがないからそれをキャンセルして新しいのをオーダーしたら、新しい方のカードがキャンセルされていたのでまたオーダーし直しとか(その間一ヶ月以上、カードなし生活)、いざ届いてみたら名前が普通入る場所に口座名(普通口座のCurrent)がなぜかプリントされていて、てっきり仕様だと思ってて使ってたら身分証との照合がいる海外の店で使えなかったとか(ようやく先日新しいカードを届けてもらった)ありえないミスの連発。かんべんして〜。しかもそんな目にあってるのが私だけでなく、留学生も現地人もみんなひどい目にあっている。なんとかしてください。資本主義を他国におしつけてきた国のくせに自国は全然資本主義じゃない。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-30 06:16 | イギリスのばか〜

Logan's Run

テレビをつけたらやってたので見てみた。
imbdのページ
1976年制作のSF映画。邦題が気になって調べたら2300年未来への旅とかいうトンデモなタイトルで笑えた。
しかし、内容の方がもっとなかなか笑える。

年齢ごとに手のひらに埋め込められたクリスタルの色がかわって赤になると寿命、ということになるんだけど、登場人物、服装もその色。なのでヒロインのジェシカシックスは六歳=グリーンで緑のドレス着てます。六歳、といっても年齢と言うかその年齢帯のブロック?

主人公の男、ヒロインに会うなりセックルしよう!ともろ言うので萎える。そして彼女に限らず女性が身につけているのがどれもこれも布切れ一枚で横からは丸見え、みたいな衣装。70年代ってなんかユートピアンとかヒッピーがはばかっていたころか。

ストーリーはかなり現実味がないんだけど、でも今から思い起こしてみれば、小学生の頃読んだ漫画にドームで男女が別々に暮らしていてそれぞれのドームめがけていくなんて話があったりとか、核戦争や核爆発の影響で地球はぼろぼろ、人間はドームやシェルターで生活、とかマザーコンピューターにすべて制御されている人間とかあのころの時代ってそんなテーマのばっかりだったかも。

いろいろツッコミどころ満載の映画だったんだけど、なにげに最後までちゃんとみちゃった。おじいさんがかわいい。そしてニャンコ。私もニャンコに囲まれたいわ。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-29 07:15 | 映画・音楽
うっかり丸一に自宅で過ごす。
何もしないのにおなかはへる。
お昼はキャベツとベーコンのパスタにしました。春になると食べたくなる定番メニューなんだけど、こっちは季節感ないので特にこだわらず。

ネットつなげていろいろ巡回、とか思ったんだけど、接続が不安定。なんだか遅いし、つながりにくいしでいらいら。

飽きてきたのでDo Androids Dream of Electric Sheep?を読み始めた。ブレードランナーのDVDを最近みたばっかりだったので。このタイトルは日本のアニメとかでよくパロディで使われているな〜と思い出しつつ、そういえばポケモン事件もあったな〜と。

そのうち遊びにきていた男の子がレッドドラゴンを見ていたので途中から参加。この映画はコワイからコワイシーンは見ない。痛いのは苦手です。でもハンニバルより好きかな。もちろん羊が一番好きだけど。

そして気がついたらなにげにアイスを二個も食べていた。あなおそろしや。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-27 06:17 | つれづれ

授業料

イギリスの大学は留学生にとってはかなり難関。何が難関って授業料が激しく高い。
私は文系なので安い方だけど、それでも年間160万円以上する。ギャース!
イギリス人やEUの人の授業料はあまりにも安いし、僕本当にお金ないんです、とかいうと授業料返還してくれたりするし、実情を知ったら私はショックで倒れそうなので、イギリス人がいくら払っているのか私はしりたくない。。。しかもとある病気にかかるとパソコンプリンタ一式ただでもらえる。その病気は自己申告なので、本当にその病気で悩んでいる人には申し訳ないけど、わりとうそついて申請通っているようなので(イギリス人はけっこうせこい。)そんなやつらにパソコンあたえるために私は年間160万も払ってないよ、と思うけど。。。。

でも自分で選んできちゃった道だし、文句をいうのは筋違いか。
てか、ビザの代金も値上がりしたし、ビザの更新にいたっては10万とか法外なので、そんなに留学生来てほしくないならこっちから願い下げだ!誰が行くもんか、と思うんだけど、思い切れない。イギリスってどこにそんな魅力があるんだろう。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-26 21:35 | 大学
サウンドオブミュージックのDVDを以前買ったままみてなかったので見た。
>

子供の頃にみたっきりだったんだけど、今クレジットをみると65年制作とあった。もう40年ほど前の映画なんですって。びっくり。フィルムはすごくきれいに補正されているので、とても発色がきれい。古さを感じさせません。ストーリーもまったく古さなし。一カ所、冒頭シーンでマリアがあちゃーとかやるところ(戻るの遅れて)だけがちょっとリアクションが昔っぽい、、と思ったくらい。

ネタバレ(?)つきの映画の感想はここから
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-25 23:08 | 映画・音楽

宇宙人専用席

このマークがエイリアンの顔に見えるらしいです。
で、なんで電車にエイリアンが、、、としばらく悩んだらしいです。
a0038129_18473899.jpg

言葉が読めないとそういうこともあるかも。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-24 18:43 | つれづれ
今日はロンドンへ。
なにげに一度もみたことがなかったバッキンガム宮殿の衛兵の交代がちょうど今月は偶数日ということで見れた。といっても、みえるのは人の頭のほうばかりで衛兵は豆粒だけど。。。

a0038129_19451593.jpg


宮殿に入ろうかと思ったけど、入場料がいやに高いのと、チケット売り場がわかりにくかったのであきらめて市内へ。途中おなかが減ったのでパブランチ!パブでのご飯はうまい。てか、イギリス料理、一ヶ月に一度くらいならおいしくいただける。量が強烈だし、一品料理なので毎日食べたくないけど。

a0038129_19484985.jpg


今日はメリーポピンズのミュージカルを見るのでセントポールにも行ってきた。なにげに夕方いったら普通の入場はもう閉め切ってた(上の階に行けない)けど、普通に聖歌隊が歌を歌ったりとevening serviceをやっていてちょっとラッキーでした。

そして劇場へ。映画とは話がちょっと違うんだけど、原作の本は子供の頃読んだっきりで忘れちゃったけど、原作はそうだったのかも。けど義足のスミスの話がなかったのだけは残念。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-22 19:44 | 旅行
今日は一緒に来ているお友達と近場へ繰り出そうということでいろいろ悩んだすえにイーストボーンとヘイスティングスに行くことにしてみました。

イーストボーンは白い壁の崖がずーーーーっと海岸沿いにあって昔住んでた頃も多少はみたことあったんだけど、ちゃんとしたでっかいほうのいわゆるSeven Sistersってところはいったことがなかったので、イーストボーンからバスで出発。じつはなにげにバスはブライトン行きでした。だったらブライトンからわざわざ電車でイーストボーンにこないで直接ブライトンからイーストボーン行きのバスでいいんじゃ、、、、。

バスを降りてもなんだか海岸がみあたらない。ひたすら歩くこと20分。ようやく海岸についたよ!みえたよ!

a0038129_19334028.jpg


けど、もっときれいに崖全体を一望するには反対側に行く必要があってそこに行くには間に渡れない川があるのでかなり上流までもどって、となるとどうにもこうにも一時間以上は歩くことになりそうだったので、それ以上はあきらめてバスにのってイーストボーン駅へ退散。そしてさらに電車に乗ってヘイスティングスへ。ここは、イギリス人にとってもイギリスの歴史で多分一番大事な年号1066年にまつわる歴史的な場所です。日本で言うといいくに作ろう鎌倉幕府くらい有名な年号。

そこには石造りのお城の廃墟がありました。かなり入り口がわかりにくいところにあったので、行くなら駅のそばのインフォとかでちゃんと行き方を聞いておいた方がよかったみたい。。。

a0038129_19384115.jpg


城の敷地の中にへんな建物が新設してあってそこで15分ほどの歴史映画をみせてくれます。微妙だけど。でも平日だし観光シーズンの終わった時期だし、人は全然いないけどそれでも一応やる気のないスタッフもいたのでよかった。しまってたらどうしようかと。

城スキーなので楽しかった。廃墟だけど。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-21 19:27 | 旅行

イギリス到着。

朝も早く5時半ごろイギリスに到着。香港夜中の12時出発だったので、映画もみないで寝てました。でも結局寝ても寝てもまだつかないし、エコノミーのせきだし、寝れたんだか、ってくらいな疲れっぷりだけど。

バスでブライトンへ向かったんだけど、片道のバス代が20ポンド。往復が25.5ポンド。なんのこっちゃだわ。。。こっちは往復割引の率がおかしい。てか、片道料金がおかしいのか。なんでバスが片道4000円以上もするんだか。ブライトンまで2時間程度の道のりです。成田から大宮のバスだって2700円だって。

ブライトンの家では一応ちゃんと彼タンが起きて待っててくれました。朝一だから寝てたらカギ内からはいれないわ、と心配したけど。

午後、ブライトンピアに行ったりして市内を適当に散策。今回はお友達が香港からずっと一緒に来ているのです。

a0038129_19193774.jpg

ピアには微妙に遊園地があって、乗り物がたくさんあるんだけど、相変わらず閑散としていた。私が夏をブライトンで過ごさなかったから人出が多い時をみたことがないだけなのか、本当に人がいつもいないのか。気になります。

a0038129_19222918.jpg

一応イギリスでは南の海の街なのでカモメもいたりしてリゾート地っぽいところもアピール。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-20 19:14 | 旅行
たまたま弟たちも香港にきていたので両親とみんなで飲茶。そこに行くまで、九龍駅の上の自宅(というか両親の家)からは微妙に地下鉄にしてもバスにしても乗り換えだとかめんどくさいので、だったらいっそ、バス→フェリー→トラム(路面電車)にしてしまえ、ということで、バスでスターフェリー乗り場へ。そこからフェリーで香港島へわたります。フェリーはなんと2.2ドル。30円。安い。。。今日は月曜だけど、昨日がお月見だったので今日も香港は休日。ボクシングホリデーみたいなのりかも。なので、フィリピン人のお手伝いさんが今日もセントラルにたくさんいました。

フェリーをおりてちょっと歩いたところから路面電車に乗車。これは2ドル。で、Admiraltyで飲茶しました。ここはワゴンサービスがいまだにある飲茶。なので飲茶メニューが読めなくても大丈夫だし、某B社があるのでわりと日本人も多いのでお味が微妙におちたとかいわれてたけど、でもおいしかった。大丈夫でした。ひどい店は日本人とか外国人用にわざわざあわびとふかひれを使った料理しかのっていないメニューを持ってくる。さらにひどいとすでに調理したものすごい高い料理を無理矢理テーブルにおいてくる。さすがにそこまではなかったのでよかった。。。我々は香港に住んだことあるし、両親はいまだに香港にいるんだけど、それでも観光客だと思われるとそんな有様なのです。でも香港に住んでるよ、というと急に態度がかわるのでおもしろい。

午後は山登りしてきました。といっても、行きはバスで登る。けっこうな山道を二階建てバスがぐいぐいといく。かなりおもしろいです。

頂上では香港の景色が一望できてきれい。

a0038129_199418.jpg


帰りはピークトラムというケーブルカー。二両編成の電車風の乗り物だけどケーブルカーなのです。すごい斜面をぐいぐいいく。

a0038129_19114371.jpg


そしてこの晩は家の下の九龍駅でチェックインして、お夕飯をそばのレストランでとってから空港へ。で、イギリスへいざ出発。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-09-19 18:54 | 旅行