お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:イギリスのばか〜( 58 )

週末の電車。

土曜日ヒースロー方面からロンドン市内へいってさらにロンドン北部のゾーン6まで行く予定があったんだけど、地下鉄のサービスが大変なことに。

まずピカデリーラインでグロスター駅に行ってそこでサークルラインに乗り換え。ところがサークルラインが実は途中までしか走ってませんでした。しょうがないので途中のパディントンで別のラインに乗り換え。で、ベーカーストリート駅にいって乗り換えしようとしたらベイカールーラインがストップ。しょうがないのでジュビリーラインに乗って、あっちいってこっちいって。。。。っとなんか二時間以上かかった。ひどい話です。

しかも車内案内なんて、直前になって「この電車は今日はここが終点です〜」とか言うの。まあ、いうだけありがたい?!

その翌日はロンドンからブライトンまでの電車が日曜でやっぱりダイヤが乱れていて、直通は直通なんだけど、いったんブライトンよりそうとう西のほうの駅までいってからスイッチバック。なので通常1時間でつくところまるまる2時間。

とんでもない国だ。電車がちゃんとしてないなんて、まったくどうすればいいんでしょ。ロンドンで仕事してて電車のせいで遅れたらどうなるんだろう。言い訳になるのかな。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-04-11 02:12 | イギリスのばか〜
バイトをはじめて、税金とか引かれるようになりました。
とほほ。といっても今のところ10ペンスとかだけど。
で、仕事をするにあたって将来のためにNI No.というのを取得しにいってきました。この番号があると、税金の額がかわるらしい。ふつうアルバイトだけの外国人はなくってもいいんだけど、ある程度の金額をかせぐようだったら番号がないとだめみたい。

で、雨の中、9時40分というアポのためバスで街まででかける。朝早いし、雨だったので、今日の格好はほぼすっぴんにアウトドア用の上着。スキージャケットみたいなごっついやつ。オサレのかけらもないかんじででかけてきた。

申請にはパスポートやら大学からの書類、運転免許、銀行カード、光熱費などの請求書などなどが必要でした。私は10年近く前にもイギリスにいたので、旧パスポートのはんこがいろいろめちゃくちゃになっていてどれがどれだか。。。新しいパスポートに去年切り替えたけど、ビザはふるいパスポートからまだ移していないので、両方常に持参。ところが今年に入ってからチップ入りパスポートというのができて、それに切り替えたいな〜と考え中。

滞りなく申請終了。1ヶ月くらいでカードが届くらしいです。イギリス人は16歳だかなんかになると自動的にカードが届くらしい。そのカードがまた激しい色。水色と赤の2色。なぜその2色。。。

そのあとお友達の家にお邪魔した。一人暮らししていて、なかなか贅沢な部屋でした。リビングとベッドルームがあるタイプのお部屋。けどさすがイギリス。部屋の床が傾いている。なんかこう、斜めになるの。で、壁と床にすきまもあるし。イギリスの家はふるいから、けっこうそういう目によくあう。

今度夏前に引っ越しをするんだけどいいお家がみつかるといいな〜〜〜。庭付きがいいけど、でも家よりも海岸沿いにたっているくっついた3階建てくらいのビルとかに住みたい。
a0038129_19102888.jpg

[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-03-28 19:10 | イギリスのばか〜

アルバイト。

アルバイト。
けっこう楽しい。お昼まかないでるし。たまにおこぼれもらえるし。

でも、店長がむかつくー!!!!
普段おもしろい人なのに、超気分屋。
いきなりキレる。
そして店長の奥さん。(というか彼女が実質店長)
この人も基本はいい人なんだけど、バイトが休みを取ろうとすると
「私なんか休みもなく仕事してるんだから、長期休暇もらえるなんて思わないでよね」
とかいうの。

てかね、私たちはバイト。
あなたは仕事としてこういう店を開いた訳でしょ。
そんな責任を私たちに押し付けないで欲しい。

ついでにいうと、ほんとは従業員用のトイレ、たまに客が借りることもある。
客じゃないのにトイレ貸してくれっていう人もいる。普通はかさないんだけど、たまたま今日はなぜか店長がどうぞーとかって20代のイギリス人女性に貸した。

彼女がでたあと、フロア中臭った!くさい!バカ!
しかも便器にべちょっと汚いの残していってくれました。
サイテーです。汚したらきれいにしてから出て行くように。
おトイレ汚したまま逃げるなんて最低です。

そのあともなぜかトイレだけ借りる人続出。今日はなにかウ○コが急にもれる日だったのでしょうか。

夕方、へんな若い男性がやってきて我々に
「ハ〜イ、どこから来たの?」
と聞いてくる。
「日本」
というと
「いや〜すごい素敵!きれい!」
とか絶賛。はいはい、心のこもっていない言葉はいりませんから。
そしたらその後の質問が
「ステンレスのスプーンある?」
ですって。
ないですっていうと
「そっか〜、ここならチョップスティックだね!ありがと、またね〜」
といっていなくなった。何がしたかったんだろ。
よくわかりません。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-03-22 19:52 | イギリスのばか〜
英“伝説のカラス”も避難 鳥インフル拡大で

 【ロンドン21日共同】ロンドンの観光名所ロンドン塔で飼われ、いなくなると英国が滅びるとの言い伝えがある大型のカラスが、対岸のフランスで高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)感染が確認されたことを受け、塔内に避難させられた。ロンドン塔の担当者が20日、AP通信に明らかにした。
 避難したのはカラスの一種のワタリガラス。避難は「不測の事態に備えた措置」で、飼育担当の専任衛士が欧州での鳥インフルエンザの感染拡大を注視しているという。
 英国には、ワタリガラスがいなくなるとロンドン塔が崩壊し英王室が滅びると、約340年前に占い師が予言したとされるなど、カラスにまつわる言い伝えがある。ロンドン塔では常に6羽が飼われているという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060221-00000091-kyodo-int

これ、ravenといってカラスよりもだいぶ大きい種類の鳥さんのことで、翼を広げると相当大きいみたいです。

第二次大戦中にravenちゃんたちロンドン塔からいなくて、イギリスは戦争に負けそうになったのはそのせいだとか。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-02-22 03:36 | イギリスのばか〜

Enchilada

けっこうメキシコ系の料理が好き。
(というかおいしい料理ならなんでも好き)
で、今日はEnchiladaというのを作りました。ファヒータスはけっこうメジャーだと思うけど、これもおいしい。

これはファヒータスのときも使うトルティーヤという平べったいクレープみたいなのを使います。具はニンニク、タマネギ、お肉などを炒めてチリ系の味付けをしてトマトの水煮でちょろっと煮込んで準備。で、トルティーヤを暖めてやわらかくして、具材を巻いて耐熱皿に並べて、上にサルサソース(トマト、チリ、レモンジュースをミキサーにかけるだけの簡単バージョンをいつも作ってます)をかけて、さらにミキサーで刻んだチーズをかけてオーブンにいれてこげ色がちょいつくまで焼いてできあがり。

おいしかったけど、トルティーヤがぐしょぐしょっとソースでぬれている部分はそんなに好きじゃありませんでした。でも全体的においしいし、なによりオーブン料理って手が込んでいるようにみえるのでイイ!(ていうか、ほとんど私は作らずに彼タンに作ってもらってました。てへ)

そうそう、どうでもいいことなんだけど、車を運転しない私は気づかなかった。なんでイギリスのパトカーのボンネットにはPOLICEって鏡文字で書いてあるのか。車運転している人ならすぐわかるみたいだけど、バックミラーで見るからだって〜。 ( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェーヘェー
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-02-03 06:18 | イギリスのばか〜

実は一週年。

なんと彼タンと一周年記念ですよー。
というわけで、今日は夜をちょっぴり豪華にこじゃれたレストランに行ってきました。

BROWNSというレストランです。

いわゆるチェーンなんだけど、大体一人4000円から5000円はするので(飲み物、スターター、メイン、デザートで)なんだろう、日本でいうと、こじゃれた居酒屋に毛が生えたようなかんじ?あんまり高いレストランでチェーンってイメージないや。

今日はスパークリングワインと今日のスープ(人参とパプリカ)、それからリングイネのサーモンとホワイトソースを食べました。ほんとはね、メインはどかっと食べようかと思ったんだけど、スープが大きかったので小さめメニューから選んだんだけど、それでも大量にでてきた。

お味はわりとよかったんだけど、パスタがふにゃふにゃなのはしょうがないね。そういうのがおいしい国ですから。あとやっぱり量がちょっと多かった。なんか昔ロンドンで食べた時はこじんまりちょろっとしかでてこなかった覚えがあるんだけど、ブライトンだからなのか、それとも、時代とともにかわったのか(でも昔っていっても一昨年の暮れにロンドンで食べたとき。土地柄かなー)

ちょっと高いけど、コンテンポラリーイギリス料理を手軽に楽しむにはちょうどいいので割とすき。いくつかブライトンに気になるレストランがまだまだあるのでちょっとずつ制覇していきたいところ。ま、学生なのでぼちぼちね。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-01-29 08:57 | イギリスのばか〜

雪〜

雪がちらりほらりと降ってきて、少しだけ白くなった。

南国育ちなので雪大好き。雪国の人にとっては死活問題かもしれないけど、雪なんて降ったことない国で育ったので、はじめてちらほらと降った雪を埼玉でみたときは相当感動したものです。大きくなってはじめて越後湯沢とかに行って積もった雪を見て感動した。どうしても冬休みって十二月末から一月頭だから、二月頃の一番寒い時期というのにあたったことが大きくなるまでなくて、埼玉でもつもるのを見た時はやったー仕事休みか?!とか喜んだこともあったり。
(でもたいてい翌日きれいに晴れて雪は溶けて普通に電車も動いてました)

イギリスもいつも南東あたりしかいたことないので一冬につもるほどの雪はほとんどない。今回もふわっと白くなっただけみたいだけど、やっぱり雪はうれしくなっちゃうな〜。

そういえばゆきやこんこんの歌、香港育ちの私はなんで日本の歌なのにゆきやほんこんっていってるんだろうってずっと思ってた。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-01-28 07:03 | イギリスのばか〜

インフルエンザ

彼タンがインフルエンザにかかったらしく、高熱が続いています。
土日家で寝てたんだけど、今日医者に電話してきてもらいなよ、といってたんだけど、どうやら医者に電話したら、インフルエンザでしょ、パラセタモル飲んでねてなさい、といわれたそうです。

※パラセタモルはイギリスでは一般的なジェネリック薬品。解熱剤で、16錠で100円程度ととても安価で手に入りやすい。一度に2錠とるのが一般的。日本語ではアセトアミノフェン。

日本ではインフルエンザといったら即お医者さんでしょ。お医者さんに今話題(?)のタミフルもらうんじゃないのー???

この医者が悪いのでは?と思って、NHSというイギリスの医療サービスのホムペみたら、、、

Healthy people with flu do not need to consult their G.P.
普段元気な人は医者に行く必要ありませんですって。

そりゃ、無料の医療サービスだけど、でもなんつーか、、、。

えー、インフルエンザってこわい病気じゃなかったの?なおるまでなにもないんだ、あそう、、。けど39度とかの熱でうんうんうなってるんだよー。しかも急に寒いとかもいうんだよ。心配になるじゃん。

なんかNHSに不振をつのらせてみた一日。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-01-23 22:57 | イギリスのばか〜

伝統とか。

新しいものもいいけど古いものによさを感じてしまう。
伝統とか大好き。

伝統的と思われているイギリスもなんだか最近は紅茶飲む人少ない。
それはさておき、今日とても素敵なものをみちゃった。

二頭立ての馬車のお葬式!
お馬さんはあおげっていうのかな、グレーっぽいかんじの馬で、二頭ともたてがみをきれいに結ってあって、頭には紫の羽帽子。御者は黒の正装。

いやん素敵。

イギリスのいいところは普通に道に馬がいるところ。高速はだめだけど、一般道は馬も歩いて大丈夫。そのあと歩く時はウンコに注意。けっこう騎馬隊の警察もいるし、なかなか馬の国ってやっぱりいいな〜。菅原教授っぽい。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-01-21 09:51 | イギリスのばか〜

EMSが届かない国。

一応イギリスの名誉のために結論から言えばEMS(早い国際宅急便みたいなサービス)最終的には届きました。

でも、十日ほどかかってるんですが。。。

EMS、日本や香港ではちゃんとしたサービスとして認識されているけど、イギリスにはそのサービスがなくって、Parcel Forceというロイヤルメールの別会社みたいのがイギリスに到着後からは請け負うんだけど、さすがロイヤルメール。全然配達してくれない。

なんで十日もかかるのよ。高いお金払って受けたはずのサービス。全然役立たず。ま、なくならなかっただけよしと思うべきか。わりと郵便物届かなかったなんて話も聞くので。

しかしロイヤルメールなんてご大層な名前つけているならサービスだって女王の名に恥じぬようなものにしていただきたいものです。

ところで今日スコーン作った。久々。クロテッドクリームもイチゴジャムもなかったのでNutelaとバナナとプレジデントバターで食べた。プレジデントのバターは大量生産バターの中で一番おいしいと思う。フランスのバターです。香りがいいので大好き。スコーンも久々でおいしかった。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-01-19 07:05 | イギリスのばか〜