お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

まただまされたわけだが。

だまされたというか、ロマサガの2や3がリメイクされるという
嘘エントリをみてwktkしながら「全部読む」をおしつつ別タブで
スクエニのウェブサイトみにいってゲーム情報をみてもそれらしきものが
なく、「全部読む」がそろそろロードされたのでしたまで読んだら
やっぱりだまされてたw
コメントもだまされたーってうまってたw
ロマサガはね、しょうがないのです。
初めて買ったスーファミソフトだったんだもん。
おばあちゃんにもらったお年玉で買ったよ。
お願いスクウェアさん。
ロマサガまたやりたいです。
ちなみにDSで、ドット絵でやりたいです。

ついでにここ最近の私。
水曜日に課題提出!
あの例の牛とかエビとかの話です。
あ、ちなみにこの分野にでてくるDSはニンテンドーDSではなくて、
Dispute Settlement、つまり紛争解決のことです。
契約上や条約上で合意したはずなのに、どこかでもつれてくる。
そんなとき、お互いの言い分をどうやって解決するか。
WTOではパネルというのがそれそれの言い分をまずききます。
たとえば例のアメリカ シュリンプ.タートル事件。
タイなどのエビ輸出国がアメリカはWTOの条約に反してる!と
訴えたら、パネルがその内容をまず検討。
パネルは、アメリカの違反を認めました。が、アメリカは
反論。その次のステップがAB 裁判で言う控訴です。
そんな感じで話がすすむ。

なんかずーっと二週間そんな話を読んでました。
つかれたー。
ようやくまた課題一個終了。
でも、また月末にあります。
これはまったくがらりと内容がかわって、もっと身近な内容。
貿易がらみでそれぞれ国の違う二社が契約をしたとき、
輸出証明書はバイヤーとセラーのどちらが取得しないといけないのか、
という問題です。
イギリスは、Sale of Goods Act (物品販売法?とでもいうのかな)が
あって、それでカバーされるのだけども、国際法上で、別の条約が
かかわるケースもある。そこらへんをまとめないといけないのです。
これはまあ、そんなに難しくなさそうなんだけどね。

でもその後、まだまださらにあるので、やっぱり大学院って大変なのね。
つくづくかんじてます。
けど去年より成績がいいのでこのままがんばりぬきたい。

しかし、どうもイギリスの就職事情ってどうなんでしょう。
なんかしょぼい仕事しかなかったらやだなーーー
就職活動もしないといけないし。
おいしい仕事したいです。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2008-02-10 06:31 | つれづれ