お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ジンジャービスケット

先日のジンジャーブレッドマンのレシピ。
けっこう量が多いかも。

薄力粉350g
重曹小さじ1
ジンジャーパウダー大さじ2
シナモンパウダー大さじ1
クローブ(丁字)大さじ1/2
バター(無塩)125g
三温糖175g
ゴールデンシロップ大さじ4
卵Lサイズ1個

ゴールデンシロップがもしかしたら日本では手に入りにくいかも。

a0038129_353023.jpg


かなりどろっとしたものなので、代用するなら水飴かなーー。
べっ甲色の水飴があればそれが一番近い。
蜂蜜でもよさそうだけど、とろみがたりない気がする。
水飴に黒砂糖混ぜてもよさそう。

準備。
天板を用意します。クッキングシートをしくのが後片付け簡単。
だいたい準備の段階でオーブンを余熱って書いてあるけど、
最近のオーブンは余熱が早いので今はしなくて平気です。

1、粉類(薄力粉、重曹、ジンジャー、シナモン、クローブ)を大きめのボウルにふるいいれる。

2、ふるった粉にバターを小さく分割していれて、指でつまむ。
スコーンとかクランブルを作るときの要領です。両手で少しつまんでは
ボウルの上へ手を持ち上げてぱらぱらぱらとおとして、バターの
固まりがなくなるまで続けます。全体的にパンのくずみたくなるまで。

3、ゴールデンシロップを小さい鍋にいれて弱火でほんの少し
とろみが弱まるまで暖めたら卵を割入れ混ぜます。冷ます。
2のボウルへいれて、木べらで混ぜます。最後は手でまとめます。

4、生地がやわらかすぎたら冷蔵庫で30分程度ねかせます。
打ち粉をした台の上へ生地をおき、(多いから半量程度)
めんぼうで5ミリにのばし、型抜きします。ツリーに飾るため
であれば、この時点でストローなどをつかって穴を一カ所あけます。
注意。かなりくっつきやすいので、大きい型はけっこう難しい。
ジンジャーブレッドマンとか。。。大変ですので打ち粉をしっかりしましょう。
そろそろオーブンも余熱開始。190度です。

5、生地はやわらかいのでうまいこと天板にのせます。
8から10分程度またはきつね色になるまで焼きます。
(といっても生地が茶色いのでわかりにくいです。
焼きすぎないように注意)
焼き上がったらそのまま10分程度は天板から外さずに
冷まし(まだやわらかいので)多少固くなったら
網の上で冷まします。

6、アイシングを施すとかわいい!
アイシングシュガー(粉糖)はふるって、卵白を
ほんのちょっといれます。
あとは色粉もつけたり。
絞り出し袋にいれて絞り出します。

出来上がり。



a0038129_475521.jpg

[PR]
by tamamaimpact_21 | 2007-12-31 04:08 | 料理。