お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

PETS ペットトラベルスキームについて その2

六ヶ月の待機期間中にすること。
エージェントへの連絡です。
イギリスまでの動物の輸送は貨物扱いのため、貨物を扱う業者に
連絡を入れた上でないと飛行機の予約ができません。
というわけで、どうやらイギリスまでの動物の貨物扱いについては
日通さんが一番使われているらしく、日通さんにお願いしました。
日通さんでチェックリストなども用意してくださるので
早めのコンタクトが望ましいですが、早すぎてもだめみたい。
私は3ヶ月前に連絡をいれましたが、早すぎた。。。
一ヶ月半くらい前に正式に申し込みをしました。
見積もりのときの金額は19万円。
でも、ゲージのサイズをひとまわり大きくしたので、
最終的には22万円となりました。ぎゃふん!!!

この22万円には、飛行機代、日通の手数料、現地の手数料、
輸出検疫検査費用などが含まれてます。
実際に金額が確定するのはフライト2週間くらい前だったかな。
現金のみです。振込か、当日の現金払い。

12月にはいって私も日本へ戻り、バカボンちゃんの最終チェック。
またまた石黒先生のところへつれていって、健康診断。
予防接種や健康診断についても結果を証明書という形で
出す必要があり、先生に記入していただきました。
12月14日、3150円。




でもこれで最後じゃない。。。
フライト前日までやることがあるの。。。
フライトの24時間から48時間まえまでマダニとか寄生虫の駆除が
必要なのです。なので、前日朝にまた石黒動物病院にいって、
駆虫処理してきました。
そして、Veterinary Certificateを用意していただきます。
これがくせ者。両面印刷するんだってーー。そして、間違っても
修正液の使用不可。
先生には何度も書き直してもらってしまった。。。
ちなみにUKnowにもDefraにもこの用紙はない。
なんでーーって探しまわったら、EUのサイトにあった。
UKnowは今はリンク先がのってます。

a0038129_115897.jpg


なんか書類だらけ。
でもまだまだ増えるw
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2007-12-24 01:02 | バカボン