お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

熾天使

蠟燭の燭となぜか混同しがち。
でも熾天使(してんし)です。天使の階級でトップです。
あるいはセラフィム。

中二病といったらやっぱり天使の階級とか
名前とか把握ているかんじがぎゅんぎゅんします。

何が言いたいかっていうと、大天使というと
きれいな白い羽とか想像しがちですが、
本当は天使の羽は昔は黒く描かれることのほうが多かったのです。
でもヨーロッパで黒死病(ペスト)が流行すると
黒が嫌われるようになって白へとかわっていったとききました。
(民明書房ではないです)

それはさておき、さらに熾天使というと、
なんと六枚の羽が生えているという噂を聞いていたのですが、
実際にその絵をルーブル美術館で発見。
なんか、セラフィム(一人だからセラフか)って
こういうのなんだ、、、、と
脱中二病なかんじです。

a0038129_9272048.jpg

[PR]
by tamamaimpact_21 | 2007-08-25 09:27 | ヲタ