お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

チョコレート工場見学

Marsの工場に行ってきた。

日本語サイトはこちら。

MARSってマーズだと思ってたら日本ではマースだって。マーズでしょ〜〜〜。

実はこのチョコレート工場に行くのは二回目。
10年くらい前にも工場見学で行ったことがあるの。
今回は、エンジニア学生向けの見学だったんだけど、
応募したら別に問題なく行かせてもらえた。

ブライトンからバスで1時間半くらい、Sloughという
工業地帯にある。けっこう大きい工場です。

イギリスではマーズバーのほかに、モルティーザース、
ギャラクシーなどを製造していて、トゥィックスはヨーロッパの
工場なんですって。

工場はチョコレートのニオイがぷんぷん。
ウンパルンパが作ってたよ。
大きなお鍋とかで。

もともとはアメリカ人のMr.マーズという人が
30年代にイギリスにやってきて、手作りでマーズバーを
作り始めたらしいです。
a0038129_7295961.jpg


創業以来、いまだに株式非公開、家族経営の会社だそうです。
5つの経営理念があるんだけど、そのうちの一つが自由っていうのも
なんかおもしろいなと思った。

工場内は意外と人が少ない。
写真はもちろん禁止でした。
で、けっこう生産中にだめになる分があって、
いたるところにバケツがコンベヤの脇とかに
おいてあってそこにラインからはじかれた
バーが入っているの。再利用するって
いってたけど、どうやって再利用するのかまでは
聞けなかった。
床に落ちたのは再利用しないっていってたけど、
意外と床に落ちているのも多くて、
もったいなかったー。
そういうロスの分をなくせばいいのに。
あと、タイムロスも意外とある。
箱詰めのとき、いくつかまとまるまで機械が
動かないで待機するんだけど、
そのロス時間もなんかなればいいのに。
と、エンジニア視点です。

帰りにもちろんお土産いただきました。
けど実は私はイギリスのチョコあんまり
好きじゃなかったりして。ちょっと甘過ぎ。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2007-02-22 07:39 | つれづれ