お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

国際関係の論文

今日エッセイ提出してきた。
かなりがんばった。今回のはわりといい点数取れそうな予感。。。。でもさてどうかしら。

国際関係的に論文書くということは、なんだか昔のAレベルのときの論文とはまたちょっと違う。何が違うって、セオリーがあるところ。そのセオリーによるとこの事件はこう読めるけど、こっちのセオリーによると、これはこういうことなんだ、みたいな表現。実は、私はちょっと苦手。

たとえばネオリアリストとネオリベラリスト。どちらも国家は国際システムの中で大事な要素だと認めているけど、ネオリベラリストはさらに他の要素も同じように大事だと考えている。なので、WTOのような国際機関も大事な役割を持っている。ネオリアリストよりの考えで、hegemonic stability theoryというのがあるんだけど、それによると19世紀のブリテン、千語のアメリカなどの巨大パワーによって世界の均衡は保たれている。それらの世界でのパワーがなくなると、世界のバランスが崩れてしまう。ところが、これに対してGramsciというまた別の人がマルクス主義から派生してセオリーをまたあみだしたんだけど、それについては私はさっぱり。マルクス主義嫌いなので、なるべくなるべく避けてきてたんだけど、実は今回書いたエッセイについて、先生にちょっと相談しにいったらGramsciもちょこっとでもいいからいれるべきといわれました。

とほほ。。。。今までうまいことなるべく避けてきたつもりだったのに。。。。
結局いまいちよくわかってないんだけど、Gramsciの考えるヘゲモニーっていったいなんだ?クラス社会が関係しているってことまでは理解した。

でもやっぱりいまいちわからない。けど、とりあえずとある本でわかりやすい一文をみつけたのでそれをエッセイに挿入してなんとか仕上げました。

は〜〜〜、もうマルクスやりたくないよ!なんといっても私はかなり右よりリベラリストなので、社会派とかちょっとだめなのよね。でもほんとはそのほうがいっこいっこいろいろな事実をみつめているような気はするんだけど。

てか、春休み中に巨大なエッセイを書くんですって!ぎゃふん!さてどうしよう。トピック何にしよう。。。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2006-03-02 06:18 | 大学