お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スターウォーズ エピソード3

スターウォーズエピソード3を見てきた。ネタバレあるかもしれない感想は後半に。
友達のお誕生日とやらで、知らない人も一緒に総勢10人くらい。木曜からイギリスは公開で、けっこう混んでそうだったので事前に予約してもらって席も全席指定なんだけど、なぜかイギリス人、キューが好きなはずなのに、割り込み多し!ちょっとびっくりした。いままでイギリスで割り込みってあんまりあったことなかったので。しかも全席指定。早く入ろうが遅く入ろうが席は決まってるっつの!といっている横からカップルで割り込み。ちょっとげんなり。
劇場内に入るとトレーラーとCM開始。最近よくやっている携帯電話会社オレンジの広告、ダースベーダーがでてくるので一部のファンは大喜び。don't underestimate the power of Orangがキャッチコピーです。ダースベーダーがここはフォースが強い、、、、というと、オレンジの人がいや、ケータイの電波が強いとかいってます。
映画のトレーラーで気になったのはあんまりなかった。ファンタスティック4とかいうXメンみたいのがあったんだけど、それはあんまりおもしろそうじゃなかった。




エピソード1と2はなくてもいいじゃん!というのが一番の感想。はっきりいってアナキンの子供のころから大きくなるまで時間かけすぎ。エピソード456は中での経過時間は短いけどイベントが多いからなんだかエピソード1と2は間延びした印象。3ではアナキンがいかにダースベーダーになるかが描かれているんだけど、うまい具合に4以降につなげていって伏線としてうまくエピソードを持っていっている。けど、よけいに1と2がいらなくなる。まあ、アミダラのすてき衣装がみれたから1は好きだけど。

今回はパドメの衣装はたいしたことありません。なんかいつもネグリジェみたいなかんじ。アナキンはどんどんめつきがやばくなっていく。そして最後、どうしてハゲなのか、腕も足もないのか、なかなかえぐいです。で、チャンセラー、最初からみるからに悪そうだ。けどうまい具合にオビワン気を失っちゃうし。

そうそう、微妙なギャグがちりばめられていて、笑っていいのかちょこっと悩みます。こてこてすぎて。アメリカ人はげらげら笑うのかなー。イギリスではそうでもなかった。オビワンまでギャグ言うし。すべってるって!R2D2もひたすらギャグマシーンだった。けど、いつのまにすごい技を仕入れていて、おいおい、それはないんじゃないの、と。

でもアナキン、2のころからだいぶ目つきも悪いかんじだったけど、今回もやばいくらいに悪役ぶり大発揮。でもってあのダースベーダーのテーマソングが流れてなんかおお、っと思うはずのシーンなんだけど、あの曲、イメージがあまりにも先行しちゃって、いろんなネタとしても使われているし、それすらギャグに思えてしまう。。。

この映画のポイントはヨーダの特注ミニライトセーバー。uuhhm,小さいのよ、ヨーダのは。
でもこれで完結かー。4,5,6はもちろんDVDを買っているのでまたじっくり鑑賞したくなった。123もそのうちセットででるんだろうけどそれは買いたくないかな。どうなんだろう。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-05-20 01:36 | 映画・音楽