お勉強しつつ将来の野望達成をもくろむ。


by tamamaimpact_21
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

シャワーが壊れて。

困った。
お風呂はあるけど、お風呂だとお湯と水の蛇口が別なので髪を洗うのも一苦労。

で、大家に連絡。しかし、なんか同居人は男だからなのかフランス人だからなのか、めんどうなだけなのか、シャワーが壊れても大家に連絡もしない。会話のできないへんな人たちです。

大家に連絡。でも修理人が来たのは一週間後。しかも、きてシャワーをみたとたん、こんなひどいシャワーはなおせない!といわれました。というのも、ケーブルが素人がとってつけたようなかんじでこんな仕事はしたくないというのです。
a0038129_120217.jpg

危険だから。で、彼は帰ってしまいました。大家に再度電話。そしたら、大家ときたらその修理屋さんは信用ならない、だから知り合いの修理屋を呼ぶからまて、といわれた。
で、今朝修理屋さんがきたんだけど。。。。
やっぱりこのシャワーにしろ、コンセントにしろ
a0038129_121391.jpg

あまりにもひどすぎる!といわれました。

私も知ってたさ。あまりにも危険なのでは?!と思ってましたさ。
だってコンセントぶらーんってなってるよ。
でも大家にいったらどなるし、発作で倒れそうになるし。
で、大学のハウジングオフィスにもいったけど、彼らときたらまるでやる気ない。
彼らのできる最高のアドバイスは、ブライトンのシティカウンシルに電話しなさい、ということでした。

なので電話しましたとも。ブライトンのシティカウンシル。大学が電話しろといった番号は健康環境課でしたが、電話するとうちじゃない、それは住宅課あてだといわれて、待たされて、電話を転送してもらって、と、相変わらずビューロクラティックですでに大家のことでむかむかしていたのでいらいらメモリーはかなりフル。

でも、転送してもらって、話をして、火曜日に家を見に来てもらうことになりました。さっさとこの家をでたい〜〜〜!大家のばか!くずです。金の亡者です。右目も左目もポンドマークがついている。なので、私が家をでたいといっても、九月まで契約あるので全額払わない限りだめとかいうんです。

しかし、complainmをするというのは非常に体力のいる行動です。だからけっこうま、いっか、でイギリス人はすませてしまうのか。だから私がいうとみんななんでそこまでむきなってんのぐらいの勢いでみてくるのか。だけど、私には安全な家で生活するという最低限のシェルター権あるでしょう。
[PR]
by tamamaimpact_21 | 2005-03-10 01:13 | つれづれ